お弁当作りの想い出。

2017.06.26 Monday 12:26
0

     

    気が付けば6月もそろそろ終わりです。

     

    山へお出かけの方が続きます。

     

    この日は「高妻山」へお出かけのお客さま。

    朝早くご出発なので朝食はお弁当を希望。

    そしてお昼のお弁当もご注文です。

     

    年何回かご利用頂くのですがご人数が多く、この日のお弁当作りは毎回深夜までかかります。

    しかもここ数年、ちょうどこの時期にお弁当作りのエキスパート?である父母が海外ツアーを決行。私たち二人で何とかご用意しなければなりません。

    6月は湿度や気温も高くなるので特に気を使います。虫も多いですしね、、(;´д`)

     

    お弁当の準備には息子たちも手伝ってくれます。箱の底に敷く「笹」を沢山取ってきてくれました。私は虫に刺されやすいのでいつも家の中で待機(^o^;)

    お夕食の盛り付けやお配りするのも随分慣れたもの。一つお願いすると量や盛り付け方や並べる場所までしっかり聞いてきます。成長を感じますね…こんな商売だから嫌々なところもあるのはよーくわかっていますが、ひと度困れば「自分たちがやらなければいけない」と動いてくれる長男、長女の姿に有難いなとしみじみ。。そして毎回こうだったらもっと嬉しいんだけど、、と心で呟く鬼のような私(^^;)

     

    お夕食は二人のお手伝いのおかげでお待たせせずにお出しすることが出来ました。

     

    片付けが終わりいよいよお弁当作りです。

    仕込んで置いたモノもありますがお昼用のおむすびはどうしても時間がかかります。

     

     

     

    いつも思い出すのが一番最初のご予約日のこと。その年も父母が留守で、まだ母が台所を仕切ってくれていた時代なので何もかも自分たちだけでやるのは初めてで本当に大変でした。おむすびの大きさもマチマチ…しかも朝昼二食ともおむすびだったので凄ーく時間がかかりました。子供はまだ上の子だけでしたが1才だったので深夜までずっとおんぶして。。子供が大きくなって…またチビが産まれての繰り返しの10年。寝かし着けては泣いてまた部屋から出てきてまたおんぶして…。それを思うと今は3才の末っ子が何回か泣いて出てくる位です。おんぶも無くなったし夜遅くまで騒がなくなったので、早くお休みになるお客様に気を使わなくて済むようになったので随分楽になりました。

     

    最近は私たちの体力が問題で深夜までの作業が中々はかどらない(笑)

     

    結局午前2時半に終了。。

     

    主人は4時半にマイクロバスで送迎があるので仮眠。私は残る準備をして3時半…またまた起きてきた末っ子と一緒に休みました。

     

    雨予報も何とか外れて曇り空の今日。。

    良かった。

     

    山頂で食べて頂いたお弁当、どうだったかな。

     

    お弁当作りで挑戦したいこと、まだまだあります。

    これからも頑張って作ります(^-^)

     

    ↑こちらは朝食を🍙ご希望の日のお弁当。

     

    主人の作る玉子焼き。鯖の塩焼き。かぼちゃ煮。椎茸煮。竹輪のチーズ焼き。戸隠産スナップ豆。プチトマト。大根漬物。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    category:日記 | by:momikiblogcomments(0) | -

    PR
    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM